不壊の槍は折られましたが、何か?

クラシック音楽を聴いた感想がメイン(のはず)

2014-10-28から1日間の記事一覧

ニコラウス・アーノンクール/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 シューベルト:交響曲第8番ハ長調《グレイト》

1992年11月、コンセルトヘボウでのセッション録音。交響曲全集の一環である。 テンポ設定はアーノンクールらしく穏当な「やや速め」である。ビブラートがかなり抑えられており、ざくざくした音色で進行する。よって腰の据わった重量感のある音はあまり出せて…